トピックス

(SGH)韓国・ソウル国際高校で共同研究フォーラムを行いました

投稿日:2019年09月12日

【Bilingual】(SGH)ソウル国際高校との共同研究
The project of visiting Korea for political science and economy the joint research with Seoul Global High School in 2019

2019年8月5日から8日にかけて早稲田大学本庄高等学院の古川夏帆(2A)、尾下萌乃果(2B)、田川優衣(2C)、片倉徹也(2D)、滝田愛澄(2F)、沼蒼汰(2H)の6名と同行した田口嵩人講師、引率の羽田真教諭と韓国のソウル国際高校を訪問しました。この訪問は、政治経済の授業の一環として行っているSDGsに関する共同研究の中間報告と現地でのフィールドワークを目的としています。この共同研究は、昨年に開始されましたが、韓国への訪問は今年が初の試みとなります。日韓関係が過去最も悪化しているとされるなか、日韓の高校生同士が交流することには大きな意義がありました。以下は4日間の活動内容です。

Six students of Waseda University Honjo Senior High School, Furukawa Kaho(2A), Osita Honoka(2B), Tagawa Yui(2C), Katakura Tetsuya(2D), Takida Aisu(2F) and Numa Sota(2H) visited Seoul Global High School from August 5th to 8th in 2019, accompanied by Mr. Hada Makoto and Mr. Taguchi Taketo. This visit to Korea was conducted as one of lessons of political science and economy class, whose purpose was to hold a fieldwork and make a presentation about the joint research on Sustainable Development Goals (SDGs) with Seoul Global High School (SGHS). This cooperative research had begun last year (2018) but the visit carried out in this year was the first challenge. This cooperation between Japanese and Korean students had a great significance in the time when their relationship was the worst ever. The following is the report on the 4 days.

sgh001.jpg


【1日目】
金浦空港に到着後、空港鉄道・地下鉄・路線バスを乗り継いでソウル国際高校に向かいました。韓国では公共交通機関全般が発達していて、地下鉄にはすべての駅にスクリーンドアがあり、路線バスもダイヤが管理され現地の人の主な移動手段になっていました。公共交通機関を整備することで乗用車の利用を減らし、ガスの排出量を減少させようとしていることに、韓国の環境問題への意識の高さが見て取れました。高校に到着後すぐに各バディと合流しました。ソウル国際高校側のバディとはカカオトークやインスタグラムなどのSNSを用いて連絡を取っていました。
始めに文化交流のために本学院生6名で、千と千尋の神隠しの「いのちの名前」をアカペラで歌いました。その後は、3日目のフィールドワークの予定を立てました。

After arriving at Gimpo Airport, we went toward SGHS by using airport train, subway and local bus. In Korea, most public transportations were developed. All stations had the screen doors (for suicide prevention) and the buses schedules were so well planned that they were main means of transportations for citizens. To improve time tables is decreased gas emissions because fewer private cars were used. We could their consciousness to the environmental issues through their efforts. When visiting SGHS, we met our buddies whom we had contacted with SNS such as kakao talk or Instagram.
At first, we (students from Waseda University Honjo Senior High School) sang "the name of life" used in Spirited Away with a cappella for the culture exchange. After that, we planned about the fieldwork on Day3.

sgh002.jpg


【2日目】
2日目はソウル国際高校の生徒とともに学術交流を行いました。始めのワークショップは4つのグループに分かれ、不平等貿易や多様性の尊重などについて15分間討論をした後にポスターや劇を用いながら話し合って考えたストーリーをプレゼンするという活動でした。続くアクティビティは、環境や平和、人権などの5つのトピックについてグループ別に議論しました。一定時間ごとにグループリーダー以外のメンバーをローテーションしながら、全員がすべてのトピックについて意見交換したのち、リーダーがプレゼンテーションするという内容でした。
次に今回の訪韓の目的でもある共同研究の中間報告を行い意見交換しました。この学術交流ではハイレベルな英語力と国際的な問題に対する自分の意見が求められましたが、お互いの意見や考え方の違いを通して、訪韓して直接交流することの意義・国際的な交流の必要性を実感することができました。
学術交流後は、全員で近くの劇場に行き、ソウル国際高校の演劇部の公演を見ました。劇は韓国語でしたが、バディが英語で説明してくれたので楽しく観覧できました。

On Day 2, we started academic exchange with SGHS students. First, we held workshop and were divided into four groups. We discussed unfair trade, respects for diversity and so on for about 15 min. After that we made a presentation about the story we prepared. Next, we had group discussions about five topics: environment, peace, human rights, education and unfair trade. Members except their group leaders went to other spaces and we exchanged all opinions about them. After discussing opinions from other groups, that the leaders gave a presentation about them.
Next, we conducted a joint research. And exchanged our opinions, which was the main purpose of this project. Although we were required high English ability and the opinions for the international issues in this program, we were able to learn the significance of having direct interact and the necessity of the international exchanges through experiencing the different ways of thinking from Korean students.
After the academic exchange, we went to a play theater to watch a play by SGHS' students. Korean language was used in the play but our buddies translated what they said into English, so we could enjoy that.

sgh003.jpg
sgh004.jpg


【3日目】
3日目は、3つのチームに分かれソウル市内でフィールドワークに行いました。景福宮や国立中央博物館では、韓国・東アジアの歴史について学びました。建物や展示物の説明を韓国の生徒が丁寧にしてくださったおかげで不自由することなく見学できました。私たち日本人生徒は、ソウル国際高校の生徒の勤勉さや努力・知識量の多さに驚き、日韓での教育格差を実感しました。また、明洞では各々が買い物をしたり、韓国の伝統的な料理を食べたりしました。その中でかかわったソウル市内の方々は私たちが日本人だとわかっても友好的に接してくださり誰一人として日本人を差別するような人はいませんでした。日本では、韓国の反日を強く取り上げていましたが、国家間と一般の人々の間ではこんなにも意識や考えが違うのかと学び、フェイクニュースやネットリテラシーについても学ぶいい機会になりました。
このフィールドワークを通して、全員がそれぞれの課題を見つけただけでなく現地の生徒と友好関係を築き、国際交流の楽しさを知ることもができました。

On Day 3, we carried out fieldwork in Seoul city separating three groups. At Gyeongbokgung Palace and The National Museum of Korea, we learned the history of Asia and South Korea there. Thanks to their detailed explanation by the Korean students, we could see the buildings and exhibitions without any inconvenience. All of us, Japanese students, were surprised at their diligence, the efforts and the amounts of knowledge and felt the differences of each countries' education. Also, we enjoyed shopping in Myeong-Dong and eating Korean traditional foods. In this fieldwork, we noticed no Korean had negative feelings against Japanese and all people there communicated with us friendly, so I was moved. In Japan, the media broadcast anti-Japan sentiments it was not true. I learned the differences between what people and thought and the state did. It was a good opportunity to learn fake news and Internet literacy.
Through this fieldwork, we could not only find our own challenges but also could build friendships with the Korean students and know a fun of international exchange.

sgh005.jpg


【4日目】
4日目は、3日間の総まとめで、この交流で学んだことなどの感想を発表したり、それぞれが用意してきたプレゼントの交換をしたりなどをしました。日韓関係が良くない状況で韓国の生徒と交流ができたことの大切さや、国際交流の意義、日韓だからこそできることの確認をしました。また、3日間ずっと一緒に過ごしてくれたバディと写真撮影やプレゼント交換を通して信頼関係を築き、このプロジェクトにともに参加してくれたことの感謝を伝えました。

On Day 4 was the overall summary in of this 3days. We told our impressions about what we learned from this program and exchanged the presents that we prepared, In the situation that Japan-Korea relationships were not good, we found the importance to interact to with Korean students and what only Japanese and Korean could do. We built bonds through taking pictures and exchanging gifts and finally appreciated each other.

sgh006.jpg

訪韓する前は、韓国では反日感情が高まっていているという印象でした。しかし、実際に交流してみると、ソウル国際高校の生徒もソウル市内の人も日本人に友好的で、市民と国家間での温度差があると思いました。現地に直接訪問しないとわからないこともあると私たちは実感しました。

Before visiting Korean, I thought that people in Korea had a bad impression to Japan and the anti-Japanese sentiment had been increasing. In fact, however, ordinary people and students in Korea were so friendly that we felt the differences between what people thought and the state nation thought. We really thought that there were many things that we could not understand without visiting there the country.


滝田 愛澄 Aisu Takida (2F)


このページの先頭へ戻る