トピックス

【Bilingual】SGH沖縄フィールドワーク 米軍基地問題研究2018 Fieldwork for research of U.S. military bases in Okinawa in 2018

投稿日:2018年09月18日

2018年8月6日から9日にかけて、本庄高等学院の豊野拓巳(3A)、吉井遥(2A)、荻野萌花(2B)、堀口栞(2F)、秋庭希美(1F)の5名が、羽田真教諭の引率のもと沖縄フィールドワークに参加しました。このフィールドワークは、本学院SGH構想の一つである「グローバル社会と人権」のもと、米軍基地問題と人権や安全保障との関わりについて研究することが目的で、3年前から継続して研究を続けているものです。今回のフィールドワークでは現地高校生との交流、6名の方への取材を行いました。以下は4日間の主な内容です。

Takumi Toyono (3A), Haruka Yoshii (2A), Moeka Ogino (2B), Shiori Horiguchi (2F), Nozomi Akiba (1F) participated in the fieldwork in Okinawa with Makoto Hada, an instructor of Waseda University Senior High School, from August 6th to 9th in 2018. The purpose of this fieldwork was to conduct research on the relation among U.S. military bases, human rights, and Japan-U.S. security, based on one of our SGH plans "Global Society and Human Rights." Moreover, we have held this project every year since 2015. In this fieldwork, we interacted with high school students in Okinawa and interviewed 6 persons. The content of the 4 days is as following.


sgh1.png

【1日目】
 那覇空港に到着すると、まずはレンタカーで北谷町のアメリカンビレッジに移動しました。アメリカンビレッジはもともと基地があった場所で、現在は商業施設として発展しています。アメリカンビレッジのレストランで昼食を済ませた後、スターバックスコーヒー北谷国道58号店へ行き、そこで那覇国際高校の生徒と交流を行いました。交流では、まず本庄高等学院の生徒から簡単な学院の紹介や研修の目的などを説明し、その後、本庄高等学院の生徒5人と那覇国際高校の生徒5人の計10人で主に米軍基地問題についてディスカッションを行いました。現地の高校生の意見を聞くことで、事前学習だけでは知ることができなかった本音を理解することができました。例えば、沖縄県民は日常生活の中で米軍関連者と関わる機会は思いのほか多いらしく、アメリカに感謝する側面も少なからずあるのです。
 交流した生徒とアメリカンビレッジを見学した後は、首里城を見学しました。首里城は沖縄のランドマークであり、沖縄研修で毎回訪れている場所です。

After arriving at Naha Airport, we went to "American Village" by car. It is a place that was once used as military bases and it is now prosperous as a commercial complex. After we had lunch at a restaurant, we went to Starbucks Coffee in Chatancho and met Naha Kokusai Senior High School students who were waiting for us and started having an interaction with them. In the interaction, firstly we concisely explained what our school was like, and the purpose of our fieldwork. Then 5 of our school students and 5 of Naha Kokusai Senior High School students discussed the theme, U.S. military bases. When hearing their comments, we understood what we could not have found in our prior learning. For instance, people living in Okinawa surprisingly have opportunities to interact with U.S. military personnel, and there are also times they appreciate America.
After strolling around American Village, we visited Shuri-jo Castle. It is one of the landmarks in Okinawa, thus we visit there every time when this kind of fieldwork is held.


sghO2.jpg

sghO3.jpg


【2日目】
 2日目は多くの場所で取材を行いました。沖縄タイムス社では政経部記者の福元大輔氏、八重山日報社沖縄本島支局では記者の山下夏行氏、沖縄国際大学では日米関係を研究されている野添文彬准教授からお話を伺いました。それぞれの方から、在沖米軍基地問題に関する様々な視点からの意見を伺うことができました。さらに、私たちの質問に対しても丁寧に答えていただいたので、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
 沖縄国際大学は2004年の米軍ヘリの墜落事故で有名で、野添准教授には墜落事故の被害を受けたアカギの場所を案内してもらいました。その後、沖縄国際大学のすぐ近くの嘉数高台公園を見学し、普天間基地を俯瞰しました。那覇市歴史博物館にも行きました。

On the second day, we carried out lots of interviews at various locations. We interviewed Mr. Fukumoto (a journalist working at the Okinawa Times), Mr. Yamashita (a journalist working at a branch in Okinawa Island of Yaeyama Nippo), and Mr. Nozoe (an associate professor at Okinawa International University). We were able to get their opinions of various aspects pertaining to U.S. military bases in Okinawa. Besides they politely answered the questions that we were preparing, so we had a really precious time.
Okinawa International University is known for the plane crash by an American helicopter in 2004, and Mr. Nozoe took us to the place whose trees were damaged in the plane crash. Afterward we had a look around Kakazu Takadai Park near Okinawa International University, and we looked down Futenma military base. We also went to Naha City Museum of History.

sghO4.jpg

sghO5.jpg

sfgO6.jpg

【3日目】
 琉球新報社政治部の記者である島袋良太氏に取材に応じてもらいました。時間がないにもかかわらず、沖縄における米軍基地問題の歴史的経緯や問題点について詳しく教えていただきました。その後、道の駅かでなに移動し、沖縄でも最大の面積として知られる嘉手納基地を眺めました。それから辺野古付近へ移動し、名護市議会議員で現在唯一辺野古区在住の宮城安秀氏にお話を伺いました。辺野古の住民が辺野古移設を容認する立場であるという事実には驚かされました。
 その後は道の駅許田で休憩し、美ら海水族館を見学しました。翁長雄志知事が亡くなったという訃報を知ったのはこの頃です。

We interviewed Mr. Shimabukuro (a journalist at Ryukyu Shimpo). Despite limited time, he gave us detailed information on the history of U.S. military bases in Okinawa and its problems. After that, we went to a roadside station close to Kadena airfield which is said to be the largest base in Okinawa and looked at it. Then we visited Henoko and interviewed Mr. Miyagi (an only Nago city council member who lives in Henoko). We were amazed by the fact that most residents in Henoko are for the relocation of Marine Corps Air Station Futenma to Henoko.
We went to Churaumi Aquarium. During the stay, we were really surprised because Mr. Onaga, who was the governor of Okinawa Prefecture, passed away.

sgh007.jpg

sgh008.jpg


【4日目】
 最終日はひめゆり平和祈念資料館や沖縄県平和祈念資料館へ行く予定でしたが、2日目の野添准教授のおかげで、「辺野古」県民投票の会の代表の元山仁士郎氏にお話を伺うことになりました。元山氏は、「辺野古」県民投票の会の代表として辺野古移設に関する県民投票の開催を沖縄県内で呼びかけています。元山氏の人生経験を聞くにつれて、辺野古移設問題に対して真摯に取り組んでいる熱意を強く感じました。

On the final day, we interviewed Mr. Motoyama (a representative of "Henoko-kenmintohyo-no-kai") instead of visiting other places we planned. Mr. Motoyama is making efforts to hold a vote by people in Okinawa. As we heard his life experience, we felt his enthusiasm toward the problem of the relocation of Marine Corps Air Station Futenma to Henoko.

sgh009.jpg

今までの沖縄研修では本土と沖縄の違いがあることを問題としていましたが、今回の研修を通して、それだけではなく沖縄県内でも意見の違いがあることを実感しました。沖縄の米軍基地問題というのは非常に重層的で複雑な問題ですが、私たち一人一人が向き合わなければ何も問題は変わりません。今後はより多くの人々に沖縄の米軍基地問題について関心を持ってもらえるように努めていきたいと思います。

Through this fieldwork, we felt that there are differences of opinions in Okinawa as well as differences between Japan except for Okinawa and Okinawa. Although the problems of U.S. military bases in Okinawa are quite stratified and complicated, nothing changes unless we face such problems. We will make efforts to make more and more people feel concerned with the problems of American military bases in Okinawa.

3A 豊野 拓巳
3A Takumi Toyono

このページの先頭へ戻る