トピックス

【Bilingual】SGH沖縄フィールドワークを実施しました SGH Project Report: Discussing Human Rights in Okinawa

投稿日:2015年12月28日

 12月17日(木)から12月20日(日)の3泊4日の日程で行われた沖縄フィールドワークに、公民科の羽田真教諭の引率のもと学院生5名が参加しました。これは、本学院SGH構想の一部をなす教科内課題研究「グローバル社会と人権」の一環として実施したものです。

Five Waseda Honjo students visited Okinawa and conducted fieldwork there from December 17th to 20th. The study trip is a milestone of an SGH academic project "Human Rights in Globalized Society." (Project designer; Mr. Makoto Hada)

 初日は陸上自衛隊那覇駐屯地を見学し、陸上自衛隊の組織・役割、不発弾処理等の活動について、また沖縄戦についてわかりやすくご説明をいただきました。その後沖縄尚学高校を訪問し、学習交流を行いました。テーマは多文化共生への課題と沖縄の基地問題です。はじめに学院生がプレゼンテーションを行い、続けてディスカッションの時間をとり、活発に意見交換をすることができました。さらに、沖尚生とともに沖縄尚学高校の名城副理事長のレクチャーも受けました。国際社会の構図や多文化共生の成功モデル、基地問題の深層について学ぶことができました。また、夕食を交えての親睦会では、基地問題をテーマとしつつ、日常生活や学校生活のことについても話が弾みました。同じ高校生という立場から話し合うということは、とても刺激になりました。

Day 1(Dec. 17) In the morning, we visited the Ground Self-Defense Force Garrison Naha and saw the exhibits on the history of Okinawa. In the afternoon we visited Okinawa Shogaku Senior High School for an academic exchange. The discussion topics were multicultural symbiosis issues and the military base problems. The exchange began with Waseda Honjo students' presentation followed by a discussion session. After the students' session, Dr. Masaichiro Nashiro, Vice-Chairman of the Board of Directors of Shogaku Gakuen gave a lecture for the participating students. We learned how an internationalized society is formed, a successful model of multicultural society, and the depth of the military base problems. In the dinner party we kept talking on the military base problems, and yet we also enjoyed lively conversation on our daily life. It was very stimulating visit; the exchange with the local students inspired us a lot.

 2日目以降は多くの取材を行いました。琉球新報論説委員の松元剛氏、沖縄県知事公室辺野古新基地建設問題対策課職員の方々、アメリカ政治に詳しい沖縄国際大学の佐藤学教授、名護市議で辺野古在住の宮城安秀氏にお話を伺いました。それぞれの立場やご専門から、沖縄が抱えている基地問題について分かりやすく説明を受けることができ、また質問にも丁寧に答えていただいたことで、いっそう理解が深まりました。
Day 2 (Dec. 18) We interviewed many experts in the human rights issues in Okinawa. The people who spared time for us were; Mr Tsuyoshi Matsumoto, Editorial Writer from the Ryukyu Shimpo; senior staff from Okinawa prefectural Governor Room; Dr. Manabu Sato, Professor of Okinawa International University; and Mr. Yasuhide Miyagi, a member of Nago Municipal Assembly, who lives in Henoko area. We appreciate the interviewees' kind and thorough explanation on the issues. Thanks to their talks, we learned to look at the different aspects of the issues..

 また、琉球銀行本店を訪問し、早稲田大学校友会沖縄支部の方々とも懇談させていただきました。基地問題のことや、グローバル社会に求められる人材像についてなど、さまざまなお話を聞き刺激を受けました。予定していた時間を大幅に越してとても熱のこもったお話をしていただくことができました。
In the evening, we visited the Main Office of Ryukyu Bank and met the members of the Alumni Association of Waseda University, Okinawa Chapter. They offered us warm welcome and shared us passionate talks on the military base problems and on personality needed in globalizing world.

 他にも、普天間基地の近くや辺野古の海岸に足を運んだり、辺野古地区を巡検したりしたことで、沖縄の現状を自分の目で見ることができました。また、返還された基地の跡地を再開発した県立博物館やアメリカンビレッジを訪れたり、首里城を視察したりすることで、沖縄の文化・歴史・経済のことなども多角的に学ぶことができたと思います。
Day 3 (Dec. 19) We visited more key places to learn about Okinawa issues, such as Futenma military base, Henoko beach, and American Village and the Prefectural Museum, which were built on a former military base. We also visited Shuri Castle, the Okinawan cultural heritage.

 沖縄と本土の意識の違いや沖縄の抱えている問題は、現地を訪れて初めて分かることばかりで、フィールドワークをすることの意義を改めて実感いたしました。
The insight we gained from the field trip was invaluable. Differences in awareness of human rights issues in Okingawa are something you can only learn from seeing the reality. We realized the importance of visiting the site and talking with local people, as well as the depth of the problems that Okinawa faces.
SGH Senior Staff 清水 理愛(1年) 柴田 亮輔(1年)
SGH Senior Staff  Rie Shimizu, Ryosuke Shibata

1-Top  IMG_3027.JPG
2-JSDF IMG_3111.JPG
3-Dr Sato IMG_3061.JPG
4-Mr Miyagi IMG_3074.JPG
_5-Beach.JPG
6-Shuri IMG_3093.JPG

このページの先頭へ戻る