トピックス

【Bilingual】 思い愛隊ネパール班 ネパールにおける少女売買と貧困の現状を学ぶ--The current condition of Girl trafficking and the Poverty in Nepal--

投稿日:2017年08月22日

8月5日~15日の日程で、7名の学院生(蓮実直海(2A)・荒川航輝(2E)・柳沢佑奈(2G)・小野桃(1A)・野口有希乃(1E)・大畑璃子(1F)・高浦明香(1F))が吉田茂先生と上田太郎先生の引率のもと、認定NPO法人ラリグラス・ジャパンさん企画・運営のスタディーツアーに参加しました。

From August 5th to 15th, seven students (Naoumi Hasumi(2A), Koki Arakawa(2E), Yuna Yanagisawa(2G), Momo Ono(1A), Yukino Noguchi(1E), Rico Ohata(1F), Aska Takaura(1F) ) participated in a study tour which was planed and managed by Laligrans Japan, an authorized NPO, chaperoned by Mr. Yoshida and Mr. Ueda .

本学院にとってこのスタディーツアーに参加するのは今年度が2回目となります。ネパールを始めとした南アジアにおける少女売買の現状を見聞し、現地NGOマイティ・ネパールとNDWSに保護されている女性や子供たちと交流し、ボランティア活動を行いました。

This year is the second time that we take part in this study tour. We did volunteer work to learn the current condition of girl trafficking in south Asia including Nepal and to interact with women and children who were protected by local NGOs, Maiti Nepal and NDWS.

S_6564366069578.jpg

S_6564366091914.jpg


マイティ・ネパールの代表アヌラダ氏は「マイティ・ネパールがなくなること、つまり少女売買犯罪の廃絶がマイティ・ネパールの目標だ」とおっしゃいました。ネパールの少女売買は顧客が外国人である東南アジアの人身売買とは異なり、被害者・加害者・顧客の売買に関わる全てが国内の人間であるため外から介入し難く、対策を立てにくいため廃絶の兆しが見えないのが現状です。更に本来は教育を受けていない少女たちが少女売買のターゲットとされてきましたが、近年SNSの普及により高校卒業レベルまで教育を受けた都会の子たちまでがそのターゲットになっています。

Mrs. Anuradha, the representative of Maiti Nepal, says, "Our objective is abolition of girl trafficking." In Nepal, victims, perpetrators and customers are Nepali, unlike South-East Asia, where customers are foreigners. According to Mrs. Anuradha, they cannot see the sign of girl trafficking to be stopped because it's difficult for "outsiders" to intervene and plan a countermeasure to bring girl trafficking disappear from the world. Moreover, not only uneducated girls but also more educated ones have been becoming the target nowadays, because of expansion of SNS.


11日間の研修の間に少女たちと交流し彼女たちには壮絶な過去があるものの私たちと何も変わらないごく普通の女の子だと感じました。「あんな目にあって気の毒だ」という同情とはまた違う、ここまで精神的に回復し元気な姿を見せてくれた少女たちに対して尊敬の念を抱きました。生まれた国や地域が異なるだけでこんなにも境遇が変わってしまう世の中の不条理さをツアー中に何度も感じました。彼女たちにとって1番ためになる支援の形は財政面での寄付ですが、私たち学生にそれは難しいため六高祭や稲稜祭で私たちが経験したことを少しでも多くの人に伝えることで遠回りでも支援に繋げられたらと思っています。

We thought girls whom we interacted with in this 11-day study tour were ordinary girls just like us, although they have sublime past. We felt respect for them, not feeling pity, because they were recovered in mental and showed us their energetic selves. Several times during our visit, we felt the absurdity that one has to lead a totally different life just because of the place she happened to be born. The best way for supporting them may be donating money, but it's difficult for high school students. So we'd like to keep on supporting them by sharing what we experienced in this tour to more people, in such occasions like Rokkou-Festival (the six-high-school festival in Honjo city) and Toryo-Festival (our school festival) even it seems a long way round.


最後に、このツアーを企画・運営してくださったラリグラス・ジャパンさん、現地通訳のラジェンドラさん、私たちを快く受け入れてくださった他の参加者のみなさま、引率してくださった吉田先生と上田先生そしてマイティ・ネパールやNDWSの皆さん等、本研修実現のために関わってくださったすべての方々に感謝申し上げます。ツアーを通して学んだこと、感じたことを本校の多くの生徒に伝えていきたいと思います。

Finally, we express our gratitude to everyone who made commitment to carry out this study tour. We'd like to tell what we thought and what we felt through this study tour to many students.

With our feelings of gratitude, Naoumi Hasumi (2A 蓮実直海)

S_6564387099346.jpg

S_6564366051607.jpg

S_6564365999191.jpg

S_6564366127527.jpg

このページの先頭へ戻る