トピックス

【Bilingual】 韓国・ハナ高校国際高校生シンポジウムに参加しました! 7 Students participate in The 8th International Symposium at Hana Academy Seoul

投稿日:2017年08月22日

7/17から7/21の日程で、藤井優実(3B)、柴田亮輔(3F)、遠藤竜仁(2B)、清水玲奈(2C)、矢崎るゐ(2C)、笠原栞奈(2G)、飯塚健杜(2H)の7人がM.ジョージ先生引率のもと、韓国・ハナ高校にて行われた国際高校生シンポジウムに参加しました。本学院にとって今回は2回目の参加となります。

From July 17th to 21st, Ryosuke Shibata (3F), Yumi Fujii (3B), Ryoji Endo (2B), Reina Shimizu (2C), Rui Yazaki (2C), Kanna Kasahara (2G), and Kento Iizuka (2H), accompanied by Mr. Matthew L. George, participated in The 8th International Symposium hosted by Hana Academy Seoul. This is second time for Waseda Honjo students to take part in this International Symposium.

このシンポジウム自体は8回目となり、今回のテーマは"News Media"でした。昨年秋に行われたアメリカ大統領選挙では"Fake News" という言葉が世間をにぎわせました。現在注目を集めているメディア業界に数多く内在する問題点を高校生である私たちの視点から分析し、アイディアをシンポジウムにて発表しました。また、本シンポジウムには本学院を含む日本5校、タイ、香港から1校ずつが参加しました。


The eighth symposium's main theme is "News Media". During the 2016 presidential election in the United States, the word "fake news" became a hot issue on the media. In this Symposium, high school students analyzed the problems in news media from our prospective, and gave presentations. Five schools (including Waseda Honjo) from Japan, a school from Thailand and a school from Hong Kong were invited.

20170822124607.jpg


本学院からは2チームが出場し、チーム1は海外メディアの自然災害に関する誇張や誤った報道はどのように減らすことが出来るか、チーム2は日本におけるキュレーションメディア(まとめサイト)の問題についてのプレゼンを行いました。また、清水さんはポスターセッションに参加しました。

From Waseda Honjo, two teams gave presentation. Team 1 analyzed about how to decrease the exaggeration and misinformation when natural disaster occurred. Team 2 conducted a research about the current issues around the "Curation Media" in Japan. Reina Shimizu presented her poster.


このシンポジウムに向けて私たちはハナ高校からテーマが発表された3月から、約4か月間準備を進めてきました。テーマ設定や論文執筆、プレゼンテーション方法など多くの壁にぶつかってきましたが、無事にプレゼンテーションを終えることが出来ました。

We, the participants, have worked very hard for this symposium for about 4 month since the HAS announced the main theme. We faced difficulty in deciding the theme, writing academic papers, and making presentations. We felt our efforts were rewarded when we successfully finished our presentations.

以下は会期中の日々の記録です。 

The following is a brief report on the daily events during the symposium.


7月17日(第1日) ハナ高校到着後、1グループ15人弱が全20グループで構成されるアクティビティグループに分かれ、アイスブレークとしてレクリエーションが行われました。そこでは韓国の伝統的な遊びなど簡単なゲームが準備されていました。

July 17th (Day 1) : After arriving HAS, all of participants were divided into 20 groups. Each group had 15 students or less. As an icebreaking activity, all of us enjoyed simple games like a Korean traditional play.


7月18日(第2日) スカベンジャーハントでは、アクティビティグループに与えられたミッションをこなしつつ歴史的・文化的なものに触れながらソウル市内を探検しました。現在の韓国の姿を街並みによって感じることが出来ました。

July 18th (Day 2) In the City Scavenger Hunt, we explored Seoul while carrying on assigned missions (ex visits Kyonbokkunn and draw rooves). We explored historical and cultural treasures in Seoul City and we also immersed ourselves in the modern Korean society as well.

20170822125403.jpg


7月19日、20日(第3日、第4日) 第3日目にはチーム1、第4日目にはチーム2という順番でプレゼンテーションとポスターセッションが行われました。両チームともセッションでは4か月間の成果を発揮することが出来、堂々としたプレゼン、質疑応答を行うことが出来ました。終了後、全員の表情は明るく、達成感で満ち溢れていました。

July 19th (Day 3), 20th (Day 4) : Presentation days. Having prepared for the sessions for 4 month, the both teams presented their thoughts with confidence, and they had richer discussions with their audiences. When the sessions were over, we all had happy faces, filled with sense of achievement.

20170822125643.jpg

20170822130154.jpg

20170822125133.jpg

20170822125834.jpg


4日目にはセッション後、Cultural Performanceという文化交流プログラムが行われました。私たちは応援歌「紺碧の空」と三代目J-Soul Brothers の"Share The Love" に合わせてダンスを披露しました。会場が大変盛り上がってくれ、大成功となりました。その後はバディの家にホームステイとなり、充実した時間を過ごしました。

After the academic presentation on Day 4, then "Cultural Performance" time. On the stage, we sang "Konpeki-no-sora" (our school cheerleading song) and showed a dance performance with "Share The Love" by J-Soul Brothers. The HAS students in the floor cheered us enthusiastically and it became an exciting moment for all of us. At night, we experienced "homestay" in our buddies' places.

20170822125006.jpg


今回のシンポジウムでは、本学院のSGH研究開発構想C-3の目的である次年度のWaISEC開催に向けて、国際的なシンポジウムを行う上でのホスト校の意識するべきことなどを肌で感じることが出来ました。この経験をSGH コアメンバーはもちろん、多くの生徒に伝えていきたいと思います。

Waseda Honjo will host Waseda International Symposium of Education and Culture (WaISEC) next year. Through this great symposium hosted by Hana Academy Seoul, we learned how to be a good host school of an international academic forum. We would like to relay this experience to not only the SGH student leaders but also to many other students.


最後に、キックオフミーティングや前哨戦など日本チームをまとめてくださった早稲田大学高等学院の榎本隆之先生をはじめとする他校の先生方、論文の指導をしてくださった本校の高山正弘先生、上田太郎先生、そして引率にあたり多くの面で面倒をみてくださったM.ジョージ先生、そしてハナ高校の皆さんなど、本研修の実現に関わって頂いたすべての方々、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

Finally we would like to express our special thanks to; Mr. Takayki Enomoto from Waseda University Senior High School, and many teachers from other Japanese high schools; Mr. Takayama and Mr. Ueda, who helped us during the preparation time; Mr. George, who always cared us a lot and watched over us. Last but not least, our deepest appreciation to Hana Academy Seoul for this great event. Thank you very much.


3B 藤井優実 by Yumi FUJII

このページの先頭へ戻る