スーパーグローバルハイスクール(SGH)

  • SGHトピックス
  • SGH概要

SGH概要

早稲田大学本庄高等学院は平成27年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けました。以下は文部科学省の平成27年3月31日(火)付の「報道発表」からの一部抜粋です。なお詳細は文部科学省の関連ページをご参照ください。

文部科学省では、高等学校等において、グローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業を平成26年度から開始いたしました。

事業の概要

① 目的

急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する。


② 事業概要

国際化を進める国内の大学のほか、企業、国際機関等と連携して、グローバルな社会課題を発見・解決し、様々な国際舞台で活躍できる人材の育成に取り組む高等学校等を「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定し、質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を進める。


③ 指定期間

5年間(平成27年度~31年度を予定)


④ 対象学校

国公私立高等学校及び中高一貫教育校(中等教育学校、併設型及び連携型中学校・高等学校)


⑤ 研究報告

「国際共生のためのパートナーシップ構築力育成プログラムの開発」を研究課題とし、少人数のグループメンバー全員が当事者意識を持って特定の課題に取り組むことで、今後様々な局面で求められる「知識・判断力、企画力、共感力、コミュニケーション力、実行力」を互いに発揮しあえる「グローバルリーダー」が育つ場を開発しようという5ヵ年の教育実践研究期間が2019年度末をもって終了しました。
2019(平成31)年度 研究開発完了報告書および5年間の総括の報告書(3冊に分冊)は以下のリンクからご覧いただけます。

まず何より、大変な意欲と能力、チームワークを発揮してSGHプログラムを推進展開させてくれた在校生と卒業生に、感謝と敬意をお送りします。また、暖かく支援をし続けてくださった歴代の保護者と同窓会の皆さま、パートナー校の皆さま、SGH事業に協力してくださった企業・団体・大学関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。

SGH指定校には、今後の世界の変化を見据えつつ、5年間の成果をもとに良質の教育活動を各学校で吟味し継続発展させることが求められています。パンデミックの状況下での厳しい教育展開ではありますが、多様な社会で同じ課題に取り組む世界各地の人々と、手を携え共に学び合う志を育てる場でありたいと願っています。


このページの先頭へ戻る