トピックス

【Bilingual】SGH甲子園を振り返って SGH Koshien

投稿日:2017年04月20日

SGH甲子園は、3月19日に兵庫県西宮市、関西学院大学で開催されました。SGH甲子園とは、プレゼンテーションやポスター発表、ディスカッションに出場し、各種目から優秀賞と最優秀賞を決める大会です。全国から約90校が集う中、私たちはポスター発表とディスカッションに出場しました。ポスター発表には、2年生柴田亮輔、宮本亮吾、1年遠藤竜仁が、ディスカッションには、2年宮本亮吾が参加しました。開会式から始まり、各3種目タイムテーブル通りに平行して行われました。

SGH Koshien was held at Kwansei Gakuin University of Nishinomiya-city, Hyogo prefecture on March 19. SGH Koshien is the convention where we have a presentation competition a poster session and a discussion. The best are presented with awards. In SGH Koshien about 90 schools gathered from around the whole country. We joined in a poster session and a discussion. Second year student Ryousuke Shibata, Ryougo Miyamoto and first year student Endo Ryoji participated in a poster session and Ryougo Miyamoto participated in a discussion. The event started with an opening ceremony and then we split into our presentation, poster session and discussion groups.

sgh1.jpg


またポスター発表は、合計で15分(10分発表+5分質疑応答)×4回行われ、ディスカッションは1時間与えられたテーマのもと行われました。

At the poster session, 15 minutes was allotted for each group (10 minutes for the presentation + 5 minutes for questions and answers); 4 times in total. A one-hour discussion was held on each theme.


ポスター発表で、私たちは「多面的な見方~国際高校生シンポジウムを通して得られたもの~」をテーマに発表しました。昨年の12月にPre-WaISECを開催し「国内外の生徒と交流、議論をすることにより、異なる考え方を理解し「多面的な見方」を身につけることが出来る。また「多面的な見方」はグローバル人材になるための資質の1つとしてかかせない。」ということを学びました。そこで私たちは運営・開催をして培ったことをポスターにしました。

We had a poster session on the topic: the multilateral point of view obtained through an international high school student symposium. Pre-WaISEC was held in December of last year, and through discussions with Japanese students and students from abroad, we could appreciate a different way of thinking and acquire a multilateral point of view. A multilateral point of view is a necessary quality to become a global human. Then we made a poster about what we learned through managing and holding this event.

sgh2.jpg

昨年の11月から準備を始め、12月上旬に申し込みと発表概要を提出、3学期に発表原稿とポスターを仕上げました。1回の発表時間が10分と限られているため、時間内にどのようにして結論である「多面的な見方は国際経験の場を積むことによって、身につけることができる。」ということを分かりやすく伝えるかが、最も苦労をしたことでした。

We started preparations from November of last year. Then an application and outline were submitted at the beginning of December and a manuscript and a poster were completed in 3 semesters. How to prove it's possible to acquire a multilateral point of view through various international experiences was where I had trouble most, since each presenter was limited to only 10 minutes.


発表当日、初回から大勢の人がポスターの前に集まりました。おおむね時間通りに進めることができ、「成功した」と手応えを感じました。しかし早稲田大学の恩蔵先生から、「フィードバックやアンケートというものは、事前と事後でどのように変化があったかを見るものだから、検証の方法としては、正しいとは言えない。」とお言葉をいただきました。検証の方法が、事後のみ行なったフィードバックやアンケートであると、自分たちの感覚で開催以前と比べていることになり、主観的な検証になってしまうのだと、改善点が見られました。

On the presentation day, many people gathered in front of our poster. We could make a presentation within the time for the most part and I am confident that it was successful. But Mr. Onzo of Waseda University said since we only observed the results from the feedback and questionnaire, our method of verification was flawed. On hearing these words, I knew this was something we have to work on.

sgh4.jpg


また他校のポスター発表も聞きました。中でも、同じ附属校である早稲田大学高等学院の発表「地域都市における多文化共生~ドイツと甲賀市の事例をもとに~」を聞いたとき、自分たちの内容はまだまだ深めることができると感じました。そのポスターの内容は、以下のようでした。

Then we observed the poster session of other schools. Waseda University Senior High School, which is also an affiliated high school, presented on the topic of "Multicultural symbiosis in an urban area -Germany and Koga city-". I felt it is still possible to deepen the contents of our own research. The contents of their research is as follows:


ポスター内容→「移民(外国人労働者含む)が増えてきている日本は、全体として多文化共生ができているとは言えず、地域の外国人との連携も上手に図ることができていないことが言える。一足早く移民を受け入れているドイツでは、"言語や文化が違うことから移民と共通理解が図れない"と考え、子供への教育が必要だという結論に至った。そこで小学校に、レベルに応じた移民クラスを設置し、移民してきた子供が生涯ドイツから孤立しないように努めた。それから学院の生徒たちは、実際にドイツの小学校へフィールドワークし、その後日本でも同じような事例がないかと、甲賀市に注目した。外国人労働者が増加しつつある甲賀市でも、多文化共生を試みていたが、現地に住む外国人は、文化の違い(例えばゴミ出し(分別)のルール)を感じ、閉局的になりがちだった。子供への教育だけでなく地域との協力も視野に入れながら試行錯誤を重ねた結果、「私たち日本人が積極的にコミュニケーションを取っていく他にない。」と結論づけた。」

Poster contents →In Japan, immigrants (including foreign workers) are on the increase. It is said that Japan cannot achieve multicultural symbiosis, since most Japanese people have difficulty in forming friendships with immigrants. In Germany, they have been accepting immigrants over many years German people noticed that because the languages and cultures are different, they could not understand each other. So they thought they need to educate the children. And they created special classes for immigrants at elementary school and made an effort to make the children of immigrants independent. The students of Waseda University Senior High School carried out fieldwork at a German elementary school, and they realized even Japan has had the same problem. So they paid attention to the Koka case afterwards. In Koka, the number of foreign workers was increasing, in fact, people living in Koka tried to create multicultural symbiosis, but the foreigners who lived there felt some aspects of the local culture difficult to comprehend (e.g. the rules for the classification of garbage). So many immigrants found it hard to form friendships with the local people. Through trial and error and by thinking not only of educating the young, but also with the cooperation of the local people, students of Waseda University Senior High School concluded that we the Japanese people should make an effort to communicate with immigrants.


sgh3.jpg

学院の発表を聞いて、「多文化共生と多面的な見方はインフレーションを起こすことができる関係である」のではないかと考えました。ここでいうインフレーションとは、日本に異文化を持つ人が増えることで多面的な見方が育まれ、多面的な見方をより多くの人が身につけることで共通理解→共生→異文化を持つ人が増加するといった良い関係性のことです。この関係はグローバル化が著しい現在、諸外国の方々とパートナーシップを築くこと上で、大変重要になってきます。しかしここで私たちが考えなければならないことは、多文化により日本独自の伝統が崩れてしまうことです。すなわち、相手の文化を尊重することと自国の文化を大切に守ることの両立を図ることが必要です。来る多文化共生に向け私たちはその時、物怖じすることなく「共生」するためにも、今からより多くの人と触れ合い、知識・経験を積み、周りに発信していくべきだと考えました。

After I heard their presentation, I thought that multicultural symbiosis and having a multilateral point of view might lead to 'inflation'. In this case, 'inflation' is something that is brought on with the increase of people from different cultural backgrounds. This fosters a multilateral point of view, and in turn brings about a common understanding. This leads to symbiosis and improves relations with people of foreign nationalities. These relations are very important in creating globalization. However, it is necessary to respect the foreign culture while carefully preserving the culture of the host country. When we encounter such a situation, then we should try symbiosis without being afraid of that. We should interact with many people and share our acquired knowledge and experience.

※発表した内容は、2階大階段前に掲示してありますポスターをご覧ください!
※SGH甲子園について興味がある方は
http://www.kwansei.ac.jp/koudai/koudai_011757.html (関西学院大学SGH甲子園2017)をご覧ください!

※The presenters with their poster, in front of the second floor grand staircase.
※To find out more about SGH Koshien, please follow the link below.
http://www.kwansei.ac.jp/koudai/koudai_011757.html (Kansei Gakuin University SGH Koshien 2017)

1E 遠藤竜仁 Ryoji Endo

このページの先頭へ戻る