トピックス

第12回川の日ワークショップ関東大会優秀賞受賞

投稿日:2017年03月21日

3月18日(土)世田谷区成城ホールで行われた、第12回川の日ワークショップ関東大会(主催:第12回川の日ワークショップ関東大会実行委員会、後援:国土交通省関東地方整備局)において、本庄高等学院河川研究班(3年清水理愛・鈴木未来乃、2年熊谷琴葉・中村華英)はA「生物・環境・学習」部門で「本庄市における河川エビ(ヌカエビ・ヌマエビ類)の分布状況とその考察」というテーマで発表し、審査員・参加者の投票の結果、どちらも最多投票を得ることができ、優秀賞を受賞しました(7本中1位)。
このワークショップは、関東地方の河川環境保護活動を行っている個人・団体がその実践を報告し、評価を得るものです。応募者は小学生から社会人まで幅広く(大学・社会人が多数、小学生1本、中学生1本、高校生1本(本庄学院))、発表2部門A・B(5本)グループと河川協力団体発表(3本)、ポスター展示(6本)に分かれています。発表テーマについてポスターとプレゼンテーションを行い、その両方をまとめて評価する形です。

専門家の方々から、研究に対する多くのアドバイスをいただきました。この場を借りて、心より感謝申し上げます。

詳細はこちら。 
主催者側の詳細はこちら


2.jpg

鈴木と中村のプレゼンテーション


3.jpg

表彰の様子

このページの先頭へ戻る