寮生活に関するよくある質問

1.スタッフ

■管理スタッフは常駐していますか。
 寮には常駐の管理スタッフとして、生活全般の指導にあたる寮長・寮母と常駐係員(調理人)の合計3名が住み込んでいます。これらの管理スタッフは、寮内で寮生とともに生活しながら、寮生の安全と健やかな成長のために日々の業務にあたっています。なお、寮長・寮母・常駐係員は管理会社である(株)共立メンテナンスの正社員です。
 このほかに、非常駐スタッフとして調理員、清掃員が寮内で業務にあたっています。日々の食事を用意し、トイレや浴室の清掃をし、といった業務を寮生のために行っています。

■学院の教員は住み込んでいますか。
 早苗寮に学院の教員は常駐しませんが、全専任教員が当番で巡回指導を行っています。また、寮生には十数人のグループごとに割り当てられた担当教員(寮担任)がおり、定期的に寮を訪問して学習・生活指導をしたり、寮生からの相談を受けたりします。

2.寮のきまり

■起床や就寝の時刻、学習時間などは決まっていますか。
 目安となる日課がありますが、これを強制するような指導は行っていません。自立・自律を基本とする早苗寮においては、起床・登校・帰寮・学習・食事・入浴・就寝という一日の生活を、自らコントロールすることが求められます。時間に縛られない自由な生活ができますが、その半面、自分自信を律する強さが求められます。(食事・入浴は時間帯が決められており、その範囲内で各自が済ませることになります)

■携帯電話・パソコンは持ち込んでよいですか。
 使用も含め、特に禁止していません。家庭との連絡や緊急時に必要となるので、全員に携帯電話を持つようお願いしています(早苗寮内には公衆電話がなく、寮長による電話の取り次ぎもできません)。また、本学院では情報教育に力を入れており、パソコンを使った課題が必須です。オンラインでのレポート提出やメールによる連絡も多用されますので、自分用のパソコンを持つことをお勧めします。なお、寮の個室からはインターネットに24時間接続可能です(料金は寮費に含まれます)。

■持ち込み禁止のものはありますか。
 危険なもの(火の出るものやエアガン、サバイバルナイフ等)、賭博に使われるもの、テレビの持ち込みは禁止しています。

■外泊(帰省)はできますか。
 週末や長期休暇中の外泊は可能です。事前に外泊願を提出してもらいます。

■門限はありますか。
 平日(月〜土)は20:30、休日(日・祝)は22:00です。毎日、寮長・寮母がすべての寮生の帰寮を確認していますので、門限は厳守してもらいます。

■夜間に英会話やピアノのレッスンに通いたいのですが、可能ですか。
 可能です。事前に許可を受ければ、平日の門限も22:00まで延長することができます。

■友人や家族を寮内に招き入れてもよいですか。
 寮生以外の友人や保護者を含む家族を寮に立ち入らせることは禁止しています。

3.食事

■食事はありますか。メニューはどうやって決められていますか。
 食事は朝・夕の2食が提供されます(寮費に含まれます)。ただし、日曜・祝日と指定の休食日(お盆期間・年末年始など年間約19日は食事の提供がありません)献立は管理会社の栄養士が考案しており、高校生にとって必要十分な栄養が摂取できるよう工夫されています。また、調理はすべて寮内で行われ、作りたてのものを食べることができます。

■昼食はどうしているのですか。
 学院の生協食堂や売店で各自定食メニューや弁当などを購入します。1食300円〜400円程度です。

■日曜・祝日の食事はどうしているのですか。
 各自で寮周辺のコンビニ・スーパー・弁当店などで購入したものを食べるか、外食をすることになります。寮内では電子レンジと湯沸しがあるのでカップラーメンを作ったり弁当を温めたりすることは可能ですが、手の込んだ自炊はできません。

■アレルギーがあるのですが、対応してもらえますか。
 チャーハンのかわりに白飯とするなど、特定の食材を抜いて調理する程度の対応は可能です。アレルギーの内容と程度によりますので、できれば学校説明会等で事前にご相談下さい。

■長期休業中も食事は提供されるのですか。
 授業期間中と同様、日曜・祝日と指定の休食日を除いて食事の提供があります。なお、長期間の帰省をする場合、所定の期日までに手続きをすれば食費を精算(返金)する制度があります。

4.その他

■部屋は個室ですか。寮内にはどのような施設がありますか。
 部屋はすべて個室です。室内には机(書棚・ワゴンつき)、ベッド(収納つき)、クローゼット、ミニ冷蔵庫、エアコンなどが完備されています。部屋割りは抽選で決定します。共用の施設として、食堂兼談話室、ラウンジ、大浴場、ランドリールーム、シャワールーム、駐輪場などがあります。コピー機、自動販売機なども寮内に設置されています。

■男女のエリアは区切られていますか。
 居室エリアは男女別になっており、オートロックドアによって区切られています。寮生の持っているICキーは男女別のエリアに対応しており、男子寮生は男子のエリアのみ、女子寮生は女子のエリアのみ立ち入り可能です。食堂・ロビー・玄関は男女共用です。

■寮生だけのイベント等はありますか。
 寮自治会・リーダー会議で検討された案をもとに、早苗寮独自の行事が実施されます。寮行事は寮生全員が参加します。過去には、ボウリング大会、ビンゴパーティが行われました。今後の行事については、新たにリーダーとなった寮生の会議により案が出されることになります。また、稲稜祭において、早苗寮も参加団体のひとつとして企画を行うことができます。過去には、寮生が中心となって集めた物品を販売するフリーマーケットが行われました。これらの行事は、寮生自ら発案・企画し、実行委員会を組織した上で行われます。寮費と同時に徴収される自治会費が行事の予算として充てられます。

■夏休みや年末年始にも寮にいることはできますか。
 閉寮となる期間はありません。年間を通して寮にいることが可能です。