入寮に関するよくある質問

■寮の定員は何名ですか。
 3学年合計で男子106名、女子30名です。年によって空室の数が若干異なるため、募集室数も多少変動します。なお全学院生に占める寮生の割合はおよそ13%です。年度途中で空室が出た場合には、適宜入寮者の募集を行います。

■入寮希望者が定員をオーバーした場合、どうやって入寮者を決定するのですか。
 通学が困難な方を優先します。具体的には、海外や国内遠隔地からの入学者を優先することになります。入試区分(国内生か帰国生か、α選抜・I選抜か一般入試か等)や入試の成績は関係ありません。

■入寮できる基準(通学時間など)はありますか。
 ありません。定員より希望者が少なければ、近隣にお住まいの方でも入寮できます。2013年度新入生は、男子は希望者全員が入寮できましたが、女子については希望者が定員を若干超えたため、通学可能な方のうち一部は入寮をお断りせざるを得ませんでした。

■遠隔地に住んでいますが、入寮できるか心配です。万が一、選考に漏れたらどうすればいいですか。
 現在のところ、海外の方や通学が不可能なほど遠隔地の方は全員入寮できています。今後、万が一入寮できない事態が発生した場合には、一般の指定学生寮からの通学を認めています。指定学生寮は本学院の専用寮ではありませんが、早苗寮と同じ管理会社が運営しており、安心して通学・生活することができます。

■現在自宅が海外にありますが、近々帰国するかもしれません。年度途中でも退寮できますか。
 学校の専用寮という特性上、年度途中での退寮は原則として認めていません。ただし事情によってはこの限りではありませんので、個別に相談して下さい。

■将来、保護者が海外勤務になるかもしれません。2年生・3年生からの入寮は可能ですか。
 年度途中または2・3年生からの入寮については、空室があれば可能です。