カリキュラム

教育方針

  • 断片的な知識の集積でない、総合的な理解力、個性的な判断力を涵養する。
  • 地域とさまざまなレベルでの交流を通じて、人間・社会・自然に対するみずみずしい感性を育成する。
  • 知識と実行力(気力と体力)との結合を期する。
  • 「自ら学び、自ら問う」ことを学習姿勢の基本とする。

本庄高等学院は早稲田大学での一貫した教育体系の中に位置づけられています。そのため、上記の教育方針を基本とし、とかく視野が偏狭になりがちな受験勉強に煩わされることのない、教育本来の姿を志向しています。知的関心を高め、論理的な思考力、豊かな感性を育成し、さらに大学における専門的な学問研究の分野も模索させ、それに必要な基本的な学力・体力を養成することを目指します。また、確かな基礎学力に加え、思考力・判断力・表現力を活かして多様な人々と主体的に協働する態度など、真の「学力」を兼ね備えた人物を育成する観点から、2015年度入学生より新カリキュラムを導入いたしました。1年次は共通科目、2年次から緩やかな文理コース制とし、3年次では必修選択科目を文理それぞれ指定して大学での専門へと接続するカリキュラムを組みました。
大久保山の緑豊かな環境の中、自然と共生し、自然の知恵にも学びます。2017年度からは、地域の特性を活かし、教科の垣根を超えた独自の教科横断型学習プログラムを実践し複眼的思考を涵養します。
1年次芸術は音楽・美術から1科目選択します。2年次から志望学部と自身の希望に応じて選択科目2科目(5単位)を履修し、3年次には7群7科目(14単位)を履修します。志望学部によって選択の仕方に必修条件があります。

教育課程(2017年度)

年次 科目(単位) 単位計
1年
国語総合(4)
世界史B(2)
倫理(2)
数学Ⅰ(3)
数学A(2)
物理基礎(2)
生物基礎(2)
体育(3)
保健(1)
芸術[音楽・美術](2)
コミュニケーション英語Ⅰ(3)
英語表現Ⅰ(2)
家庭基礎(2)
情報の科学(1)
ホームルーム(1)
32
2年
現代文B(2)
古典B(2)
古典講読(文系)(2)
世界史B(2)
日本史A(2)
政治・経済(2)
数学Ⅱ(3)
数学B(3)
物理(理系)(1)
化学基礎(2)
化学(1)
科学課題研究(理系)(1)
体育(2)
保健(1)
コミュニケーション英語Ⅱ(4)
英語表現Ⅱ(2)
情報の科学(1)
ホームルーム(1)
32
3年
現代文B(3)
地理A(2)
地学基礎(2)
体育(2)
コミュニケーション英語Ⅲ(4)
英語表現Ⅱ(2)
総合学習(2)
選択科目(14)
ホームルーム(1)
32

このページの先頭へ戻る